ARE YOU A WEREWOLF?

オフライン人狼ゲーム会サポート

アメリカ発祥の推理型パーティーボードゲーム『汝は人狼なりや? ( Are You a Werewolf ? )』。
現在はインターネット上のオンライン人狼も盛んですが、「オンラインだけでなく対面でプレイしてみたい!」「リアル人狼ゲームをやりたいけど、どうやってすればいいかわからない!」「夜の人狼同士の相談がオフラインだと出来ないから物足りない!」という人狼ファンの皆さま、ぜひ当店で考案したオフライン人狼システムをご活用ください!

本来オフライン人狼では実現困難な、夜フェーズにおける人狼同士の相談(騙りの担当決めなどの作戦会議)や、共有者同士の相談が可能ですので、より密度の濃い推理ゲームがお楽しみいただけます。

>> リアル人狼ゲームの流れ

重要事項

当店で人狼ゲーム会を開催される際にあたって、あらかじめご了承いただきたい事項がございます。

WHAT IS " WEREWOLF ? "

STORY

ある村に人喰いの人狼がやってきたところから物語が始まります。
人狼は夜ごとに人間を一人襲撃して喰い殺しますが、普段は人間になりすましていて正体がわかりません。
そこで村の住人たちは皆で話し合い、人狼と思われる者を毎日1人ずつ処刑するという方法で人狼を退治することにしました。

ABOUT

ゲームを始めるにあたり、シャッフルされたカードを引くことで、プレイヤー各々の役職を決定します。
プレイヤーは以下の各チームに所属し、プレイヤー個人ではなく、自分の所属チームの勝利を目指します。

プレイヤーは討論することによって情報を出し合い、人狼を見つけていきます。

REFERENCE WEB PAGES

人狼ゲームの概要・ルールについて記載されているオススメサイトです。以下のリンク先をご参照ください。

WEREWOLF CARDS

主な役職は以下の通りです。こちらに記載した役職以外にも、多種多様な役職があります。(参考:汝は人狼なりや? - Wikipedia

村人チーム

勝利条件:人狼の全滅

人狼チーム

勝利条件:村人を人狼と同じ数まで殺すこと

その他チーム

勝利条件:村人か人狼チームの勝利確定時に生存

リアル人狼ゲームの流れ

リアル人狼ゲームに使用する『アイマスク』『密閉型ヘッドホン』は参加者様各自でご用意ください。

ゲームを始める前に

  1. 1. カードを引き、役職を決定します

    GMがシャッフルしたカードを、プレイヤーは1人1枚ずつ引き、他の人からカードが見えないように自分の役職を確認します。

  1. 2. 役職カードを回収します

    プレイヤー各自役職の確認が終わりましたら、端から順にカードを回収し、役職内訳をGMが記録します。内訳を書いた紙を霊界席へ用意します。

  1. 3. リアル人狼ゲーム開始です

    内訳を元にGMがヘッドホンのコードをつなぎます。コードを繋いだら、立っている並び順の入れ替わり等は行わないでください。

夜フェーズ

『人狼ゲーム』は、夜と昼を繰り返して進行していきます。

  1. 1. 全員アイマスクとヘッドホンを装着し、音楽を流します

    プレイヤーはカウンター前へ一列に並び、アイマスクとヘッドホンを装着したら、GMが音楽を流して視覚と聴覚を遮断します。

    人狼だけヘッドホンに流れる音楽を消し、GMが合図を出します。共有者等の役が存在する場合は、人狼の後に相談時間を設けます。

  1. 2. 人狼(共有者)はマイクを使って作戦会議をします

    人狼(共有者)は最小限の動きでアイマスクをずらし、GMからマイクを受け取って相互確認します。マイクを使って話し合います。

    このマイクの音声は、人狼(共有者)以外のプレイヤーには聞こえません。また、ヒソヒソ声程度のボリュームでも会話が可能です。

  1. 3. 人狼の代表者がGMへ襲撃先を伝えます(2日目以降)

    番号付のプレイヤー一覧表が掲示してあります。人狼チーム代表者は、ハンドサインで襲撃先プレイヤーをGMへ知らせます。

    人狼は夜の持ち時間内に、襲撃先をGMへ伝えられるよう、話し合いをまとめてください。時間を早く切り上げても構いません。

  1. 4. 能力者(狩人・占い師・霊能者等)が能力を発動します

    人狼(共有者)のそれぞれの話し合い時間が終了しましたら、アイマスクを戻します。ヘッドホンから音楽が流れ始めます。

    先ほどと同様、順番にGMが能力者の手を触って合図を出します。(音楽は流れたままです)アイマスクをずらして能力発動開始です。

  1. 5. 占い師や霊能者の方に、占い結果をお知らせします

    能力者はハンドサインで能力の発動先をGMへ知らせます。初日から能力発動可能なのは占い師のみ、2日目以降から狩人と霊能者が加わります。

    占いの結果が出る役職には、GMが○と●の札を挙げて結果をお知らせします。それぞれ能力発動後はアイマスクを元に戻します。

  1. 6. この夜に殺されたプレイヤーへ、GMが退場宣告をします

    人狼の襲撃先が、狩人の護衛先や狐でなかった場合は、襲撃成功です。犠牲者の方には、GMが後ろから肩を叩いてお知らせします。

    狐は人狼に噛まれても死にませんが、占い師に占われると死んでしまいます。人狼に噛まれた犠牲者と同様、その場合もGMが退場宣告します。

  1. 7. 死亡したプレイヤーはゲームから退場し、霊界席へ移動します

    GMから退場宣告を受けたプレイヤーは、ヘッドホンとアイマスクを外し、両方を持ってそっと霊界席に移動します。

    霊界席へ移動したプレイヤーは、ゲームに影響を与える言動やリアクションをしないよう、静かに観戦してください。

  1. 8. 夜フェーズが終わり、昼フェーズへ移行します

    ヘッドホンに流れる音楽をストップし、GMが夜明けを知らせるアナウンスをします。プレイヤーはアイマスクとヘッドホンを外します。

    アイマスクとヘッドホンはカウンターへ置いたまま、昼フェーズへと移行します。前日夜の死亡者がGMによって発表されます。

昼フェーズ

  1. 1. 処刑者を決める昼の会議を行います

    プレイヤー同士で会話がしやすいよう、弧を作って広がってください。
    5~10分程度自由に議論し、プレイヤーの中から怪しい(人狼の疑いが強い)と思う人物を見つけてください。

  1. 2. 処刑投票を行います

    会議が終了したら、所定の時間内に投票をしてください。処刑したいプレイヤーの名前を投票用紙へ記入し、GMへ渡します。
    誰が誰に投票したのか、投票内容の一覧をGMが黒板に書き出します。

  1. 3. 選ばれた人が処刑されます

    最も得票数の多かったプレイヤーが処刑されます。処刑されたプレイヤーは、役職を隠したままゲームから退場します。
    生存プレイヤーはカウンター前へ移動し、夜フェーズへ移行します。

いずれかのチームが規定の勝利条件を満たすまで、夜と昼を繰り返します。